カテゴリー別アーカイブ: 消費者金融キャッシング

キャッシング審査

借金をすると信用会社に履歴が残るってホント?

キャッシング審査
よく、借金すると信用情報が信用機関と呼ばれる機関に残るといいますが本当なのでしょうか?
そしていったいどれくらいの期間残るものなのでしょうか。

実際のところ、一度でも消費者金融などで借金をすると、【債務履歴】として5年間は記録が残ります。
これは契約書にも書いてあり、消費者金融と取引があった場合はこの記録を残すことに同意したこととなります。

満5年経過すると情報は抹消されると言われています。
この債務履歴は、消費者金融でのキャッシング審査の時に照会され、
他社での借り入れ金額がどれくらいあるか、借り入れの件数が何社なのか、
申込書にうそ偽りはないかなどの確認に使われます。

この情報は、金融会社で借入をした時に信用機関に記録され、
その機関に登録している金融会社で共有されています。
だから他社での借り入れ金額などは、うそをついても紹介すればばれてしまうのです。

記録の内容は債務情報はもちろん、氏名、住所、生年月日、年収、居住年数、勤務先、勤続年数などです。

すでに何社から借入があり、さらに新規で消費者金融に申し込みを考えている方で、
自分の信用情報がどのように記録されているかを心配している方。
自分の債務履歴は請求すると照会が可能です。一度ご覧になるのもいいと思います。
信用機関は3つ存在します。

CIC    日本のほぼすべてのクレジットカード会社が加盟

JICC    消費者金融
信販会社
流通・銀行系
メーカー系カード会社
保証会社
リース会社

KSC    銀行
信用金庫
農協

直接行くか、郵送での照会を請求できます。
問題なく入金がなった月は[$]と表示され、約定日に入金がなかった月は[A]と表示されています。
請求も入金もない月は[-]と記載されます。

しかもこの3つの機関が延滞情報を共有しています。

残債と入金状況は自分でも心当たりがあると思いますが、この情報で一番おもしろいのは照会履歴です。
過去半年間で、どこの会社から照会されてたかがわかります。
順調に返済していると思っていても、ある会社から頻繁に照会されていたら、
他社の借り入れはしていないかなど見張られている可能性があります。