タグ別アーカイブ: 金融ブラック

クです。自分のキャッシング審査に影響がありますか?

同居家族が金融ブラックです。自分のキャッシング審査に影響がありますか?

巷で耳にするブラックという言葉ですが、金融信用情報のブラックリストに載っているという意味で使われますが、
実際には過去に支払いの延滞などを起こした者として識別されています。

この記録での延滞とは、返済の約定日から起算して90日以上返済が滞った場合を指します。

延滞の事実は、延滞後に完済してもその後1年~5年保管されます。
家族に延滞事故を起こしていると判明すると、大手、準大手はまず審査に通らないでしょう。

一般的に【ブラック】と呼ばれる人は、延滞事故の他に、次の手続きを受けた者も含まれます。
・自己破産
・失踪宣告
・民事再生

取引停止、強制退会
これらの手続きをしたという情報は5年~10年間保管されます。
特に自己破産は消費者金融が最も忌み嫌うもので、大手、準大手、中堅の消費者金融は貸し付けを行いません。
もちろん消費者金融だけでなく、銀行系のカードローンもNG。
社会的な信用が失墜している状態なので、クレジットカードも満足に作れません。
家族に自己破産者がいると判明した場合もキャッシング審査は非常に厳しいと思ったほうがよいでしょう。

自己破産しても、家族には影響しないというのは建前論で、実際ところ審査は厳しくなると思います。
クです。自分のキャッシング審査に影響がありますか?